kaya[grv]’s diary - ぷよクエ攻略ヒント集

ぷよクエの話題を書いていくブログ

【ぷよクエ】4人の魔女見習い 【コラボガチャ】

この4人のレビューを一気に書くのは無謀な気もしましたが、勢いで書いてみました。特に、ぷよクエから選出されたティルラ、スピカ、ソニアは、今回が初めての亜種です。見た目だけじゃなく、どんな性能を持ったカードなのかを以下書いていきます。

f:id:dstin8ion:20191116161056p:plain

幸運にもコラボガチャにピックアップされた4人

目次 

キリン 【開幕プリズム生成】

目を引くのは、クエスト開幕時にプリズムボールを生成する点です。個数は★7で4です。★7真理賢者よりは少なく、★6真理賢者よりは多いという。妥当か。

f:id:dstin8ion:20191116161800p:plain

紫属性のみ

プリズムボールを生成するリーダースキル効果をもつカードは、真理の賢者がほとんどであり、それほど多くリリースされていません。下記に「開幕プリボ」一覧を纏めています。

このリーダースキル効果が初めて登場したのは、2018年12月のサンタフェーリからでした。

f:id:dstin8ion:20191116182744p:plain

どの色に対してもこうげき値が倍になる点も良い

チャンスボスの討伐時には、プリボを巻き込んで消せば必ずダメージを与えられるので、安定した討伐になります。今回のおジャ魔女どれみコラボ内のチャンスボスも、キリンver魔女見習いを使うとかなり楽になるでしょう。収集イベとは別の場面、ギルイベ前半における討伐にもある程度可能だと思われます。真理賢者とサタカバを組み合わせてたとしたら、キリンver魔女見習いとしゅんげきのルルーと組み合わせる感じでしょうか(;なぞり消しを増やして、プリズムボールを確実に巻き込んで消す作戦)。

ティルラ 【状態異常付加】+【攻撃力倍】

精霊使いシリーズよりその亜種として、マーベット、アルガーに続き3人目です。 リーダースキルにタフネスを持っているあたり、本家の精霊使いシリーズを感じさせます。ただし、攻撃力を上げる対象が「バランスタイプ」である点に注意して組む必要があります。※デッキ等は未検討。

スキルは下町の聖獣拳士シリーズと同類です。「怯え」が「怒り」になっているものの、ダメージ計算的には同等です。

f:id:dstin8ion:20191116165648p:plain

ティルラのほうが若干使いづらい?

 

スピカ 【ワイルド化】

4人の中で一番扱いづらいカードに見えます。当人が妄想の住人だから扱いづらい?

リーダースキル効果がかいふくタイプを対象としているだけでなく、スキルも通常攻撃のワイルド化で対象がかいふくタイプのみです。

f:id:dstin8ion:20191116183839p:plain

黄色のワイルド化にスピカさん登場

こうげき値がそこまで高くないかいふくタイプに通常攻撃をさせるなど……攻撃回復逆転ステージで使わせたい?と思わせます。しかし、そのためのデッキを組むには、まだまだカードが少ないように思えます。同時消し係数が倍になるカードが黄色にあったら……と妄想します。青だったら、フィンレイがいるんですけどね。

ソニア 【同時消し係数倍】

同時消し係数を倍にし、かつプリズムボールを生成します。このプリボを巻き込んで大ダメージを狙え、ということなのでしょう。

f:id:dstin8ion:20191116190630p:plain

青属性、抜粋版。

ソニアよりも同時消し係数倍率の高いエースピッチャーアルルと比較してみると、プリズムを巻き込んで消したとしても、ある時点でエースピッチャーアルルに敵わなくなりそうです。ただ、それがいつなのか。下記のダメージ計算式の一部を使って確認してみます。実際のダメージは、下記の計算式に攻撃力を掛け算することで算出されます。(別記事にて説明。)

f:id:dstin8ion:20191005133717p:plain

数学的には、ソニアは切片(プリボ)がある分だけ数値が高いのですが、傾き(同時消し係数)が小さいため、理屈の上ではどこかでアルルに負けます。具体的な数字を出してみます。どの時点で勝負がつくのか、下記にて計算。

※2019年11月17日、大訂正。計算ミス修正につき、文章も訂正。

2分離の場合

f:id:dstin8ion:20191117083225p:plain

2分離で34個を同時消しするのは、通常攻撃時において起こりえないと思われます。そのため、2分離だった場合にはソニアが優勢になります。

3分離の場合

f:id:dstin8ion:20191117083249p:plain

3分離で24個を同時消しするのも結構すごいと思うんです。…3か所で8個のぷよを同時に消す?これも、ソニア側が優勢か。

4分離の場合

f:id:dstin8ion:20191117083309p:plain

 

4分離は19個が分岐点です。4分離自体が現実離れしているようにもみえますが、ワイルド化のスキルを併用すれば、狙えそうな位置ではあります。ワイルド化を使用することにより、自属性とは違う色のぷよを消しても分離消しの数に含むようになります。

f:id:dstin8ion:20191117085816p:plain

青属性でワイルド化できるみなさん
どちらを起用すればいいのか

分離消しはプレイヤーのテクニックだけでなく盤面にも左右されるため、必ずしも4分離できるとは言い切れません。そのため、エースピッチャーアルルよりもソニアver魔女見習い側を起用することにより、安定してダメージを出すことを考えてもよいと思います。。ただし、ソニアを起用した場合に求められるのは、プリズムボールを3個同時に消すことです。また、プリズムボールがない状態で分離消しの連鎖が発生した瞬間、アルルに負けてしまいます(;アルルの場合は、チャンスぷよを生成するため、だいれんさチャンスを発生させた中で分離消しすることも可能)。アルルとソニアのどちらがいいのかは、テクニックと盤面内のぷよの並び次第となるため、なかなか断言が難しいです。

余談

ぷよクエ公式おすすめ攻略wikiによると、エースピッチャーアルルとソニアver魔女見習いが同じスコア。下手するとぷよフェスと同等ということらしく…

 

余談:本家キャラの所感

f:id:dstin8ion:20191116211009p:plain

 おジャ魔女どれみのキャラの記事はおそらく書かないと思うので、本記事の余談として少し触れます。

キャラデザのコンセプトがぷよクエと共通点がある…足に筋肉の描写をせず棒で表現とか…からなのか、ぷよクエに馴染みやすく、とても良いコラボだと思います。

ただ、性能面でみると必須なカードはない……と感じてます。ぷよクエをこれから始めようとしている人向けで、従来のユーザにとっては何かデッキを更新するほどのカードはない印象です。また、コストが34に設定されているせいでワイルドさん(40)を使う必要があります。★7にへんしんさせるのが少しツライ…。ファンなら頑張って全部揃えるべきでしょうけど。

→やっぱり、取り上げることにしました。

kayagrv.hatenablog.com