kaya[grv]’s diary - ぷよクエ攻略ヒント集

ぷよクエの話題を書いていくブログ

【ぷよクエ】いさましいフレッドの★7へんしんについて考える

7月7日(火)に、「いさましいフレッド」の★7へんしんが解放されました。今回は「いさましいフレッド」の使い方について考える記事になります。ダメージ試算はしません。

f:id:dstin8ion:20200708191514p:plain

いさましいフレッド pickup

カード情報から読み取れること

f:id:dstin8ion:20200708175013p:plain

※訂正が痛々しい
https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/200703_79965.html 

リーダースキル効果

「8個以上の同時消しで味方全体の攻撃力を5.2倍」にするに似た効果を持つカードとしては、「はりきるドラコ」が例として挙げられます。

f:id:dstin8ion:20200708180352p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/180323_47365.html

「はりきるドラコ」は、とっくんボードで得られるリーダースキル効果で5.0倍の攻撃力を得られるようになったのに対し、「いさましいフレッド」はとっくん無しで高い倍化を得ることできます。よって、「いさましいフレッド」のリーダースキル効果は「はりきるドラコ」の完全な上位互換になります。ここまでくると「はりきるドラコ」の上方修正をしていただきたいところです……*1

バトルにおいては、鬼侍シリーズのバトルスキルとの相性が良いです。★7鬼侍シリーズのバトルスキルは、「スキル発動カードの最終ダメージ値に50000プラス」とありますが、「いさましいフレッド」のリーダースキル効果は「50000プラス」した後に発動します。要は、50,000 ✕ 5.2倍 = 260,000 のダメージを得ることができます*2

注意すべき点は、当然ながら「同時消し」のみでしか攻撃力の倍化が何も得られないことです。ただ、「はりきるドラコ」よりも条件が易しく、しかも高い倍化を得ることが可能です。

スキル:プリズム生成

盤面内の色ぷよをすべて紫一色に変えた後、プリズムを生成するスキルです。既に登場している「うるわしのルルー」「戦乙女ダークアルル」「はれやかなウィン」「伝道師りすくま」と同様のスキルです。プリズム生成数は、紫属性の中で多い部類になります。

f:id:dstin8ion:20200707215451p:plain

紫属性 プリズム生成 抜粋

プリズムを生成した後は、同じ紫属性の「オボロ」などと組み合わせて攻撃するパターンが考えられます。もし「オボロ」のスキルを組み合わせた場合、単純に考えれば106.4倍のスキル攻撃になります。

  • プリズム13個 ✕ 3.0倍 = 39.0 倍
  • 同時消し48個分:14.2倍
  • オボロによる倍化(39.0+14.2)✕ 2.0 倍 = 106.4 倍

ただ、些細な話かもしれませんが、以前の私が書いた記事によるとプリズムは1個か2個残ります。プリズムの生成位置がランダムなことが災いしています。

プリズム2個残った場合、当然のことながら倍率は若干下がります。

  • プリズム11個 ✕ 3.0倍 = 33.0 倍
  • 同時消し46個分:13.6倍
  • オボロによる倍化(33.0+13.6)✕ 2.0 倍 = 93.2 倍

また、この手の手法が使えるカードは、2020年7月8日現在、紫属性では「オボロ」とセーラームーンコラボで登場した「セーラーサターン」の2種類のみであり、各自のカード資産次第なことから若干敷居が高く感じます。

 

最後に

今回の★7へんしん解放当時におけるtwitter上で盛り上がり方は、私の主観ではありますが、薄かったように見えました。類似しているリーダースキル効果を持つカードの存在や、スキル発動の内容がユーザー側の予想通りだったこと、特に意外性もなかった等々、色々想像できます。

★7へんしんの検討する際に他のぷよフェスとの兼ね合いを考えると、スキルの使い勝手の問題から優先度が下がってしまうかもしれませんが、決して弱くありません。5.2倍の攻撃力倍化が得られるリーダースキル効果は★7ぷよフェスの中でも上位であり、”8個以上の同時消し”の難易度は決して高くないためです。

*1:スキルのプリズム砲のことも併せて考えると、はりドラは可哀想。★7はりドラは、登場した当時に猛威を奮っていたものの現在は…。

*2:同じ要領で、レガムントやかがみのラフィソルなどでも鬼侍シリーズのダメージ値プラスを倍加することができます。