kaya[grv]’s diary - ぷよクエ攻略ヒント集

ぷよクエの話題を書いていくブログ

【ぷよクエ】蒸気都市すずらんのスキル発動後、デッキをスライドさせて主属性の数を変えると倍率は変化するのか【Tips】

通称:蒸気都市すずらんは、「同時消し係数 を 主属性 ✕ 1.3倍」にするスキルを持っています。説明文にある「主属性」がいつのタイミングで適用されるのかを確認します。もう既に誰かが検証しているのかもしれませんが、私自身が検証した結果をブログの1ページに加えたいと思います。

なお、今回の記事は、ダメージ計算のしくみを理解していると読みやすいかもしれません。

f:id:dstin8ion:20200728181350p:plain

準備Ph.

デッキをスライドできるスキル

タイミングの確認は、デッキをスライドさせるスキル*1を利用します。スライド前と後で主属性の数を変化させ、同時消し係数の倍化率が変わったかどうかを確認します。スライドの前後で倍率の変化を把握することは、デッキの構築で考慮すべき点になりえます。

f:id:dstin8ion:20200728213626p:plain

同時消し係数の説明

同時消し係数の倍化が活きるのは、4個よりも多く消した時です。

4個消した時、

 { 1 + { 同時に消したぷよの数 - 4 } ✕ 同時消し係数 }✕ 分離数

 ={ 1 + { 4 - 4 } ✕ 0.15 }✕ 1

 =1.0

 となります。

例えば、6個消した時に得られる倍率は、通常であれば 1.30 です。求め方は、下記のとおりです。

 { 1 + { 同時に消したぷよの数 - 4 } ✕ 同時消し係数 }✕ 分離数

 ={ 1 + { 6 - 4 } ✕ 0.15 }✕ 1

 =1.30

上記の倍数と色ぷよを4個消したときのダメージ(当ブログでは基礎攻撃力と勝手に呼称*2)を掛け算すると、ダメージ値を求めることができます。

ここでスライド前後の基礎攻撃力を確認しておきます。

スライド前は、318194 でした。

f:id:dstin8ion:20200728204614p:plain

スライド後は、33671 でした。

f:id:dstin8ion:20200728204846p:plain

同時消し係数を倍化する意味

「蒸気都市のフェーリ」のスキルを使うと、式の中に定められている同時消し係数:0.15 に対して倍化します。

f:id:dstin8ion:20200728181350p:plain

主属性が5色揃っている場合、5 ✕ 1.3 倍 します。

{ 1 + { 同時に消したぷよの数 - 4 } ✕ 同時消し係数 }✕ 分離数

={ 1 + { 6 - 4 } ✕ 0.15 ✕ 5 ✕ 1.3 }✕ 1

=2.95

AD
 

検証Ph.

スライド前後の同時消し係数の倍化率を確認

「蒸気都市のフェーリ」のスキルを使った後、色ぷよを6個消した時のダメージと基礎攻撃力を割り算して倍率を確認していきます。

スライド前は、938673 でした。倍率は、938673 ÷ 318194 ≒ 2.95

f:id:dstin8ion:20200728205448p:plain

スライド後は、99330 でした。こちらの倍率は、99330 ÷ 33671 ≒ 2.95

f:id:dstin8ion:20200728215808p:plain

スライド前も後も同じ倍率になりました。スライド後の主属性の数は3色ですが、倍率2.95 を下回ることはありませんでした*3

結論

蒸気都市すずらんのスキルは、発動した時点での主属性の数が適用されます。

最後に

蒸気都市すずらんと「デーモンサーバント」「アポストロス」を使ってデッキをスライドさせる際は、倍率の適用のタイミングに注意ください。

*1:デッキをスライドさせるカードは、「デーモンサーバント」「アポストロス」の2種類だけです。2020年7月現在、まぜまぜ召喚で出るのは「アポストロス」のみです。

*2:基礎攻撃力は、当ブログで使用している造語。色ぷよを4個消した時のダメージ値を指しています。この値を使って何倍の攻撃なのかを割り出します。なお、4個消したダメージ値は、”リーダースキル効果”、”タワーボーナス”、”コンビネーションボーナス、おうえん効果、特攻効果をカードのこうげき値に対して計算した後の値になります。

*3:もし、3色での倍率だったとしたら、

{ 1 + { 同時に消したぷよの数 - 4 } ✕ 同時消し係数 }✕ 分離数

={ 1 + { 6 - 4 } ✕ 0.15 ✕ 3 ✕ 1.3 }✕ 1

=2.35