kaya[grv]’s diary - ぷよクエ攻略ヒント集

ぷよクエの話題を書いていくブログ

ぷよテト2コラボカードの予習【ぷよクエ】

12月10日(木)から、ぷよテト2コラボが開催されます。今回のコラボから新しくリリースされるカードがありますので、なかなか数が多いため、内容を整理したいと思います。

f:id:dstin8ion:20201209183507p:plain

f:id:dstin8ion:20201209143652p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/201209_83708.html

カード情報から読み取れる内容

マール

f:id:dstin8ion:20201209162738p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/201209_83715.html

リーダースキル効果:条件付チャンスぷよ生成

属性やタイプの縛りなく攻撃力・体力・回復力を倍化できます。さらに、同時消しの数によってチャンスぷよを生成することができます。リーダーとして起用した場合、サポーターにはなぞり消し増のリーダースキル効果をもっているカードがあると安定しそうです。

スキル:攻撃力倍化?+バリア ※要確認

盤面の状態によって攻撃力の倍化率が決まるようです。今までのぷよクエのカード…「蒸気都市のアリィ」通称:蒸気すずらんの倍率決定タイミングから察するに、スキルを発動した時点で倍率を決定し、その後は盤面の状態が変わっても倍率が変化しないと考えられます。リリース後、要確認です。

もう一つの「バリア」は、新スキルだと考えられます。盤面内のハートBOXの数と固ぷよの数でダメージを軽減する効果も発動します。要確認事項としては、ダメージ軽減率の決定タイミングだけでなく、どんな攻撃に対して軽減できるのかもあります。今、一番予想しやすいのは、固ぷよの数でおじゃまぷよ砲を撃ってくるような敵に対して防御できる点でしょうか。

ただし、このスキルは攻撃面と防御面のどちらかをとることになります。最大4.8倍の攻撃力倍化を得ようとすると、色ぷよ+おじゃまぷよ+プリズムボールの数が48個必要です。攻撃力4.8倍を得た場合、固ぷよ+ハートBOXの数はゼロになり、「バリア」を張ることができません。また、逆も然りです。このスキルが活きるかどうかは、今後のぷよクエ次第だと考えられます。

※2020/12/11(金)追記。攻撃力倍化、バリアについてそれぞれ検証しました。

 

スクエアス

f:id:dstin8ion:20201209165021p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/201209_83715.html

リーダースキル効果:条件付きプリズム生成

属性やタイプに縛りなく、攻撃力と体力を倍化できます。更に、全消しすると盤面内の色ぷよをプリズムに変換できますが、次の攻撃へ繋げるにしても使い所があまりないスキルに見えます*1
また、属性に縛りがないと述べたものの、以降で述べるスキルの内容が紫属性に特化しているため、実質、紫属性メインでデッキを組むことになると考えられます。

スキル:盤面変換(発動時・攻撃力N倍)

スキル発動中に攻撃力を倍化+盤面変換する従来のカードとしては、「サタン&カーバンクル」「きらぼしのレムレス」があります。ただし、色ぷよ変換が紫ぷよのみであるため、これをメインの攻撃方法として考えるならデッキ内は紫属性で揃えたいです。

このスキルを組み合わせて使いたいのはプリズムを生成できるカードでしょう。その中で筆頭に上がりそうなのが「かがみのラフィソル」です*2。「スクエアス」のプリズム生成できるリーダースキル効果、紫属性の「かがみのラフィソル」がスキルをもう一度撃てる効果がうまく噛み合います。そのときの動きとして考えられるのは、

  • 「かがみのラフィソル」のスキルを発動:プリズム生成8個
  • 「スクエアス」のスキルを発動:全消しで(14.2 + 8 ✕ 3)✕ 2.4 = 91.68倍攻撃
  • 「スクエアス」のリーダースキル効果発動:プリズム生成4個
  • 「スクエアス」のスキルを発動:全消しで(14.2 + 4 ✕ 3)✕ 2.4 = 62.88倍攻撃

となり、滞りなくぷよが消えれば合計154.56倍の攻撃が可能です。ちなみに「かがみのラフィソル」+「ラフィソル」の組み合わせによる想定(150.60倍)よりも強いです*3

AD
 

Ver.ぷよテト2

アルル、ルルー、ドラコ、ウィッチ、シェゾ

アルル、ルルー、ドラコ、ウィッチ、シェゾは属性違いで同様なスキルが使えます。

f:id:dstin8ion:20201209172454p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/201209_83715.html

リーダースキル効果

属性に関係なく攻撃力と体力を倍化できます。それ以外の付加効果はありませんので、リーダーに据えて使う必要はありません。ただし、今回のコラボイベント「テト号クルー見つけ隊」において、多色で組む必要のあるお題が予想されます*4。イベント向けに好きなカードをリーダーにして遊べたらいいと思います。

スキル:プリズム砲

★6でプリズム5個、★7でプリズム6個生成できます。スキルを発動したカードと同じ属性であれば、★6で29.2倍 ★7で32.2倍の威力に期待することができます*5。デッキ内の主属性を揃える必要があったり、おじゃまぷよがあると威力が落ちる可能性があるものの、カードのコスト的には十分な性能なカードでしょう。

 

シグ、ラフィーナ、クルーク

シグ、ラフィーナ、クルークは属性違いで同様なスキルが使えます。

f:id:dstin8ion:20201209172557p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/201209_83715.html

リーダースキル効果

上述のアルル達と同様です。(以降のカードも同様、割愛します。)

スキル:属性攻撃

 発動したカード自身の攻撃力の値を参照した属性攻撃です。★7であれば、スキル発動ぷよ数が最少で20になります。同様のスキルとしては、やさいシリーズが挙げられます。

f:id:dstin8ion:20201209180828p:plain

やさいシリーズの面々

やさいシリーズも攻撃力 ✕ 30 の属性攻撃ができますが、やさいシリーズの方がスキル発動ぷよ数が少なく、最少で15です。同じに設定してほしかった感があります…。

 

AD
 

りんご、まぐろ、レムレス、りすくま、フェーリ

りんご、まぐろ、レムレス、りすくま、フェーリは属性違いで同様なスキルが使えます。

f:id:dstin8ion:20201209173333p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/201209_83715.html

スキル:攻撃力倍化

★7についてオリジナルの「りんご」たちと比較すると、攻撃力の倍化が同じな上に有効ターン数が1つ多くなっているため、上位互換のような内容になっています。倍率の数値自体は、ぷよクエ全体からすると及第点ではありますが。

すけとうだら

f:id:dstin8ion:20201209173728p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/201209_83715.html

リーダースキル効果

オリジナルの「すけとうだら」と違って、タフネスの効果がありません

スキル:チャンスぷよ生成

オリジナルの「すけとうだら」と比較すると、スキル発動ぷよ数が少なくなっており、スキル:ネクスト変換と同様のスキル発動促進役として期待できそうです。

アリィ

f:id:dstin8ion:20201209173820p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/201209_83715.html

スキル:ハートBOX生成&プリズム生成

 ※12/9(水)21:20 訂正((プリズム砲と読み間違えていました。))。

生成できるプリズムの数は決して多くないものの、ハートBOXも生成でき、攻撃と回復に両方備えるような効果になっています。なお、黄ぷよと紫ぷよが1個もないとこのスキルは発動しないと考えられます。

サタン、エコロ

サタン、エコロは属性違いで同様なスキルが使えます。

f:id:dstin8ion:20201209174051p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/201209_83715.html

スキル:属性攻撃

このカード自身の攻撃力 ✕ 35 の5連続攻撃で、単体に向ければ175倍の属性攻撃です。似たようなスキルの内容では、くのいちシリーズの攻撃力 ✕ 12 の15連続攻撃(単体向け:180倍)があり、今回の「サタン」「エコロ」よりもスキル発動ぷよ数は少なく設定されています。……くのいちシリーズの下位互換扱い?

f:id:dstin8ion:20201209183258p:plain

くのいちシリーズの面々

カーバンクル

f:id:dstin8ion:20201209174425p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/201209_83715.html

スキル:状態異常付与(封印)

オリジナルの「カーバンクル」と違う点は、付与できる対象が単体であること、属性攻撃があることです。有効ターン数は同じです。もはや微妙な差ですが、属性攻撃は無い方がカウンターや反射を気にせず撃てる……と考えると、オリジナルの方がいいようにも見えます。。

AD
 

最後に

今回のガチャでは「マール」「スクエアス」が言うまでもなく目玉となっています。ただ、「マール」は今後のぷよクエの状況次第で有用かどうかが決まりそうな感じがします。

それ以外のカードは、特に気になるカードはなかったように見えます。強いてあげるのなら、「すけとうだら ver. ぷよテト2」のチャンスぷよ生成が早そうな点でしょうか。

 

なお、今回のカードはイベント「テト号クルー見つけ隊」の特攻カードです。

今までの「トレジャーみつけ隊」で集めにくいと評判だった銀貨の獲得枚数を増やすことができます。

 

*1:単に私が思いつかないだけ…。

*2:現在、「いさましいフレッド」が最も多くプリズム生成できるスキルをもっていますが、色々と思うところがあり、当サイトではあまりオススメしていません。

*3:計算式は……

(14.2 + 16 ✕ 3)✕ 1.5 + (14.2 + 8 ✕ 3)✕ 1.5 = 150.60 

*4:従来のトレジャーみつけ隊イベントにおいて属性指定のナゾ盾があり、クリアするために多色で組む必要があります。

*5:同じ属性でなければ、★6で15.0倍、★7で18.0倍。