kaya[grv]’s diary - ぷよクエ攻略ヒント集

ぷよクエの話題を書いていくブログ

ハイキューコラボ:カード検証など【ぷよクエ】

1/17(金)15時からハイキューコラボイベが始まりました。イベント内容は、倒した敵からドロップするぷよぷよボールを集めて、コラボ限定ストーリーを読んだりイベント報酬をゲットできたりします。ぷよクエの中では比較的緩いイベント*1です。

f499137e634b490b3794b50b6448938413a66cac.png

f:id:dstin8ion:20200118143227p:plain

簡単なイベントですが、作業ゲーな感じになるのは否めません

目次

毎度おなじみの収集イベ

コラボイベといえばガチャです。そしてそのガチャは、収集イベントを有利に進めるものになります。今回のイベントで集めるぷよぷよボールは、コラボキャラクターのカードをデッキにたくさんいれると、報酬ゲットが楽になります。

f:id:dstin8ion:20200118164718p:plain

とにかくコラボキャラをデッキに入れればいいのです

コラボカード

収集イベントではスキル内容を気にする必要なし

収集イベントでは、大雑把に言えばデッキにコラボカードを組めばよく、スキル内容を気にせずに好きなカードを選んで入れるだけでOKです。チャンスボス討伐では、カードのLvを上げて鍛えておく必要があるものの、鍛えるのも手持ち内の素材をコラボカードに投入するだけで十分でしょう。

また、この手のイベントでは毎度お馴染みの手法*2ですが、ヘドver.梟谷学園高校を入手しておくと、盤面の隅っこをポチ消しするだけでサクサク敵を倒せます。リーダースキル効果:追加攻撃(ぷよ消し後に追加でダメージを与える効果)を利用しています。時間短縮・作業の単純化を図りたい人には必須カードとなりそうです。なお、今回のコラボガチャでは、10連ガチャ2回目でヘドを確実に入手できる設定でした。

f:id:dstin8ion:20200118142737p:plain

リーダースキル効果:追撃でイベントを楽に進めよう!

スキル内容を気にしてみる

ぷよクエは、スキルをうまく組み合わせてどうやって大ダメージを与えるかに終始します。下の画像は、私がtwitterのアンケート機能を使って収集した結果であり、ぷよクエで重視しているイベントについてものです。

f:id:dstin8ion:20200118165309p:plain

当方がtwitterで独自調査した結果。ギルイベを重視する方が多い。

ガチャで新しいカードが登場すると、どこからともなく誰かが考察を始めて展開してます*3。その考察は、大体ギルドイベント(通称:ギルイベ。●●ラッシュというタイトルが多い。)で登場するボスに向けたものが多いです。

色々な方が持論を展開している中、当ブログではなるべく既存のカードを定量的に比較できるようにすることを心掛けています*4。弱そうに見えて、実は同類のスキルをもつカードの全体ではそれほど悪くなかったりすることもあるかもしれません…。

以降は、各カードのスキル発動内容を中心に記述しています。

日向翔陽(ひなた しょうよう):フィールドリセット&プリズム生成

スキルを発動して生成できるプリズム個数だけを他と比較すると、目立った能力に見えません。プリズムを生成するだけであれば、日向よりもプリズムを多く生成できるカードがあります。ただ、日向は盤面をリセットする能力をもっています。盤面をリセットしたい場面の例として、盤面内にあるじゃまぷよ・固ぷよを一掃したいときがあります。うるわしのルルー等でもできそうですが、固ぷよを消すことはできません。ひょっとしたらギルイベ内で役に立つ場面があるかもしれません。

f:id:dstin8ion:20200118170820p:plain

赤属性のプリズム生成 抜粋

影山飛雄(かげやま とびお): 攻撃力倍

コラボが始まる前からその倍率の高さに注目が集まっていました。

f:id:dstin8ion:20200118171705p:plain

紫属性の攻撃力倍スキル

……が、これは数値だけで比較や判断ができないのでは?実際にデッキを組んでみて有効かどうかを検討すべきカードと考えます。時間があったら、ダメージ計算してみたいです。それにしても、紫は屈強なカードが多いですね。

月島蛍(つきしま けい):攻撃力ダウン

要は相手へのデバフです。個人的には、月島の存在的に攻撃力ダウンではなく反射じゃないの?と思ったりもしたり…。攻撃力のカット率は高めだと思います。

f:id:dstin8ion:20200118172254p:plain

黄属性 攻撃力ダウン70%以上
宮侑(みや あつむ):色ぷよぬりかえ

既存のカードで言うところの星の魔導士と同じスキルです。制限時間内に色ぷよを4個に連ねないようになぞり指定し、制限時間後、スキル発動数を進めたり分離消しを狙うような流れをとります。

まず、宮は★7と★6のどちらもぬりかえ対象にハートBOXが含まれていることが特徴でしょうか。★6の中だけで言えば、宮はスキル発動数の少ない特徴がみられていましたが、★7ではその特徴が薄れてしまいました。こういったところから、既存カードの性能をなるべく越えないようにしていることが伺えます。

f:id:dstin8ion:20200118173804p:plain

黄属性 ぬりかえ 抜粋
星海光来(ほしうみ こうらい):プリズム生成

日向と同じプリズム生成できるスキルですね。狙ってるのかな…。ただ、その内容は戦乙女ダークアルルの下位互換という位置づけでした。

f:id:dstin8ion:20200118174346p:plain

青属性 プリズム生成 抜粋
佐久早聖臣(さくさ きよおみ):ネクスト変換&なぞり消し増

このスキルは、めぐりあいのアリィやきらめくルルーに類似しているように見えます。この系統は、ネクスト変換となぞり消し増を組み合わせることによって、盤面のぷよを多く消す&ネクストぷよを落としきる効果が狙えます。

f:id:dstin8ion:20200118175413p:plain

あとは黄属性で この系統が登場するのかも

ただ、佐久早の場合、同時消し係数の倍率が高め&ターン数が少なめに設定されています。そのため、アリィやルルーと同系統ではなく、ネクスト変換があることで同時消しの発生率を高めていると考えた方が良さそうです。個人的には、佐久早には倍率よりも有効ターン数かスキル発動数の少なさが欲しかったです。素直に同時消し係数倍化の中で比較すると、下記の通りです。

f:id:dstin8ion:20200118180210p:plain

緑属性 同時消し係数倍化 
シェゾ:ネクスト変換

赤いシェゾというのもなかなか珍しいです。スキルの内容自体は、以前のパワプロコラボで登場したフェイ選手と似ています。ネクスト変換のスキルを持つカードは結構ありますが、シェゾたちはスキル発動数が少なめ&有効ターン数が少なめという設定になっています。また、シェゾは★7に進化でき、チャンスぷよ1個も生成してさらなる加速を狙うことができると考えます。もし使うなら、スキルLvをMAXにしておきたいですね。

f:id:dstin8ion:20200118180540p:plain

ちょい早なネクスト変換

フェイ選手を使ったお遊びの記事はこちら👇 

ヘド:盾破壊、LS効果:追加攻撃

属性盾を持っている相手に対して有効なスキルです。盾破壊の詳細は下記記事に記載しています👇

 一応、今回の比較表だけ載せておきます。

f:id:dstin8ion:20200118181248p:plain

黄属性 盾破壊
ナリ:封印

封印は、相手のターン数を消化しつつも何も行動させないスキルです。最近では、緑属性の同スキルにパワプロコラボのダークピッチャーサタンが追加されています。私の思い違いだったら申し訳ございませんが、難易度の高いクエストでは封印を使わせない敵が多かったかと…。このスキルを使う場面が増えるのでしょうか…。また、偶然だとは思いますが、全員たいりょくタイプです。特に意味はないと思われます。

f:id:dstin8ion:20200118182040p:plain

緑属性 封印
最後に

今回のようなコラボイベントから新規でぷよクエを始めた方からすると、どんなゲームなのかよく分からなく、やることが多いように見えてしまうと思われます。そこで、今回のイベントのような単純なところをやってみて雰囲気を知ってもらう……という意図なのかなと思っています。最近では報酬のあるチュートリアル…ビンゴミッションもあり、それに従えば基本的なことが押さえられそうな感じがします。

今回のコラボでカードを入手してデッキが組めるようになったら、今後はガチャ等でカードを補充したり入れ替え検討したりする流れになると思います。今のぷよクエでは、まぜまぜ召喚などでカードを入手できる機会がかなり増えました。その都度、カードのデッキを見直してクエストを攻略していきたいですね。

*1:ただし、リボントロフィーを目標にすると、途端に激しい消耗戦になります。特に魔導石の。

*2:イベントによっては、追加攻撃だけでなく、ステージ開始時にプリズムボールを生成するリーダースキル効果を持つカードが登場します。要は、イベントを楽にこなせるカードが意図的に含まれているということです。

*3:twitterを眺めてると、誰かが語り始めているでしょう。

*4:当ブログで提供しているのは、どちらかというとダメージ計算する際の材料のようなものばかりですが。