kaya[grv]’s diary - ぷよクエ攻略ヒント集

ぷよクエの話題を書いていくブログ

ダンシングスターすけとうだらの検討【ぷよクエ】

2021年4月3日(土)、新しいぷよフェスとして「ダンシングスターすけとうだら」が新登場しました。今回はカード情報から読み取れる内容について記事にしてみました。

f:id:dstin8ion:20210403105001p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/210402_86172.html

カード情報から読み取れる内容

f:id:dstin8ion:20210403105300p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/210402_86175.html
https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/210402_86172.html

リーダースキル効果:開幕ネクスト変換

クエスト開始時から数えて2ターン分のネクスト変換の効果を持っています。ネクストぷよをすべて黄ぷよに変換しますので、デッキでリーダー起用すると黄属性メインとなります。

今までのリーダースキル効果:開幕ネクスト変換は下記のとおりです。

※2021-04-04 10:09:19 表記ミス訂正

f:id:dstin8ion:20210404100905p:plain

★7にへんしんできれば、攻撃力の倍率が一番高い開幕ネクスト変換(黄属性)になります。

 

スキル:条件付き攻撃力倍化

通称:条件エンハンス。特定の条件を達成すると攻撃力を倍化するスキルです。「ダンシングスターすけとうだら」の条件は、デッキ内の攻撃に黄属性の攻撃が含まれていれば容易に達成できます。倍化対象は黄属性カード*1とあるため、黄属性メインのデッキでの起用となるでしょう。

しかし、今回いちばん頭を悩ませるのは、倍化率が低い&スキル発動ぷよ数が少ない点でしょう。

まず、倍化率だけを比較してみます。

f:id:dstin8ion:20210403111228p:plain

黄属性 条件付き攻撃力倍化 抜粋

ご存知の通り、倍率だけを追い求めると、既に高倍率のカードがリリースされている状況です。攻撃力を上げたいと思う場合の選択肢になりにくいです。ただ圧倒的なのは、スキル発動ぷよ数の少なさであり、こちらを活かすことを考えたほうが良いでしょう。 丁度、リーダースキル効果も黄属性のスキルを発動させるのに向いています。

デッキ考察

ダンシングスターすけとうだらのつかいみち

  • リーダー起用は、主属性が黄属性のデッキ
  • 黄属性の攻撃を含んでいれば攻撃力を倍化できるスキルをもつカード
  • スキル発動ぷよ数の少なさを活かしたデッキを組めると良さそう

ぷよクエ公式サイト掲載デッキ参考

f:id:dstin8ion:20210403113459p:plain

公式サイトの説明では、「めしあがレガムント」と「サタン&カーバンクル」で攻撃するように読めますが、実際は状態異常付与:麻痺が使える「ディーナ」、黄属性の攻撃力&麻痺状態での被ダメージを倍化できる「ピカリ」、そして状態異常の時に攻撃力を倍化できる「めしあがレガムント」で攻撃する寸法でしょう。

寸法通りにいけば、ダメージ値は、相手の属性は考慮なし・属性盾なしで推定8.710.9億程度*2です。

ただのなぞり消し増の役割で「サタン&カーバンクル」を起用するなら、「クローラス」の方が良いです。一応、「クローラス」も副属性に黄属性を持っており、初回のスキル発動ぷよ数を減らすリーダースキル効果も持っています。

f:id:dstin8ion:20210403144137p:plain

ダメージ値は、相手の属性は考慮なし・属性盾なしで推定9.4億11.3億程度です。

いずれにせよ、このデッキでは、リーダースキル効果を活かして「シオ」のネクスト変換を早く発動させ、「めしあがレガムント」のスキル発動に漕ぎ着けるという流れになります。しかし、「ダンシングスターすけとうだら」自体のスキル発動の早さは活かせていません。「めしあがレガムント」はスキル発動ぷよ数:40であり、それよりも軽いカードを選択したいです。

くのいち・ヤマブキの場合

くのいちシリーズの「ヤマブキ」のスキルで攻撃します。「ヤマブキ」は、スキル発動ぷよ数:35 です。ただし、「めしあがレガムント」とは違って連続攻撃となるため、状態異常:麻痺を活かしきれません。その代わりに状態異常:怯えを付与できる雪国シリーズ「マイア」にします。なお、「マイア」はスキル発動ぷよ数:35です。

f:id:dstin8ion:20210403144453p:plain

寸法通りにいけば、ダメージ値は、相手の属性は考慮なし・属性盾なしで推定9.211.0億程度です。「めしあがレガムント」から多少威力が落ちる程度です。

マジねこ・キッシュの場合

f:id:dstin8ion:20210403144522p:plain

マジカルねこガールズの「マジカル・キッシュ」も、スキル発動ぷよ数:35 です。前節の「ヤマブキ」と同じ流れで、ダメージ値は相手の属性は考慮なし・属性盾なしで推定12.014.4億です。麻痺のアドバンテージがないにも関わらず、「めしあがレガムント」よりも高い攻撃力になります。

テンキッズ・ピカリ以外の選択肢

「ピカリ」のフィールド効果は、黄属性の攻撃力を1.5倍にし、麻痺状態のときのダメージを1.5倍にします。上記例で怯えを付与しても、フィールド効果との相乗効果は得られません。単純に攻撃力倍化ができるスキルを起用すればいいのですが、……ラインナップは下記の通りです👇

f:id:dstin8ion:20210403201007p:plain

レアなカードが多いのですが、もし、「藤原はづき」で組めた場合、、、

f:id:dstin8ion:20210403201512p:plain

相手の属性は考慮なし・属性盾なしで推定28.1億33.7億程度。属性盾のある敵に立ち向かうには、もの足りないところです。

結局、どういった場面で起用するか

「ダンシングスターすけとうだら」を起用する場面は、ギルイベの中盤あたり手早くボスを倒したい場合でしょうか*3。ただ、黄色の属性盾が登場し始めると、ダメージ値を1億届かせるのも苦労し、途端に使い勝手が落ちてしまうでしょう。

AD
 

最後に

ぷよぷよシリーズの代表的なキャラクターでもある「すけとうだら」が、ぷよクエ8周年を迎える直前でようやくぷよフェスになりました。折角なので、良い場面で起用/登場させたいところです。

f:id:dstin8ion:20210403104558p:plain

 

*1:副属性も一応含む。

*2:タワーボーナス2.5倍が8.7億、タワーボーナスMAX3.0倍で10.9億。

*3:ギルイベはメンバ総力戦という面から、突撃できるメンバ数が多い場合、この選択肢はないのかも。