kaya[grv]’s diary - ぷよクエ攻略ヒント集

ぷよクエの話題を書いていくブログ

★7へんしん夏祭りケルビィ検証!【ぷよクエ】【季節の幻獣プリンセス】

まさかこのシリーズの★7へんしんが解放されるだなんて…!

今回、「夏祭りケルビィ」の★7へんしんが解放されました。なお、シリーズ名は「季節の幻獣プリンセス」といいます。今後、他のプリンセス達も順次解放されていくことになりそうですね。

今回の記事は、前半で「夏祭りケルビィ」の育成&素材収集について述べ、後半でカードの能力について述べていきます。

f:id:dstin8ion:20200805223252p:plain

夏祭りケルビィ pickup

夏祭りケルビィ襲来!

周回の効率は確かに上がっている

f:id:dstin8ion:20200805223335p:plain

公式からの告知

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/200801_80567.html

 公式からの告知通り、本体と素材のドロップ効率がとても良くなっています。オートプレイ+リプレイ機能を使っていると、難なく終わってしまいます。ドロップ内容は下記のようになっています。

  • 辛口:★4本体ドロップ(多くて2枚)
  • 激辛:★5素材(多くて2枚)
  • 超激辛:★6素材(もしかしたら、+★5素材)

f:id:dstin8ion:20200802162450p:plain

ただ、緊急チャンスボス討伐の意味が薄れてしまっています。緊急チャンスボスのやるき:10消費で本体★4カードを1枚入手できるのですが、上記の通り、通常の周回で2枚手に入ることがあるため、余程確実に手に入れたい等なければ、挑まなくても良いと思います。

f:id:dstin8ion:20200802162552p:plain

カード情報 

f:id:dstin8ion:20200802171812p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/200801_80567.html

リーダースキル効果

このリーダースキル効果の内容でリーダー起用することは無いでしょう。なかなか使い所のないリーダースキル効果です。今回、注目・検討すべきはスキルの内容でしょう。

スキル:属性変化

スキル:属性変化は、南国鳥人シリーズが★7へんしんしたときにも紹介させていただきました。

 そのときに判明しているのが、

  • スキル適用対象は、主属性の色だけでなく副属性の色も含まれる
  • 主属性・副属性の両方とも属性変化させる
  • 連撃化・全体攻撃化などと重複できない

最後の連撃化と重複できないところがネックです。もし、デッキを組む際は要注意です。

今回の「季節の幻獣プリンセス」の起用方法として考えられるのは、多色デッキでしょうか。「南国鳥人」では属性変化の対象が限られていましたが、「季節の幻獣プリンセス」では対象に縛りがなく、どの属性カードにも適用できる点が活かせるかもしれません。

なお、多色デッキは、俗称:蒸気すずらんの登場によって、注目度が一気に上がっています。そんな中、この「季節の幻獣プリンセス」をうまく組み込むことによって、相手の弱点属性で攻撃ができそう……と目論んでいるのですが、、、果たして?*1

デッキ検証

今回は下記のデッキをベースに比較してみます。「あんどうりんご」のスキルを使って攻撃する想定です。15連鎖以上に連鎖が起こる可能性もありますが、比較検討の上では重要ではないので省きます。

f:id:dstin8ion:20200805230154p:plain

試算結果は9.9億ダメージとなりました。

そして、「夏祭りケルビィ」は、スキル:属性変化と重複することができない連撃化担当の「ルリシア」と入れ替えます。下記赤字になっているのは、副属性も紫属性になるため、その分をあらかじめ織り込んでいます。詳しくは、「★7南国鳥人シリーズ」の記事をご参照ください。

f:id:dstin8ion:20200805230216p:plain

その結果、5.0億ダメージとなりました。

上記の試算の詳細をよく読むと「夏祭りケルビィ」が有利になるような前提条件が幾つかあるものの、ダメージ量の多さを狙うのであれば「夏祭りケルビィ」をわざわざ入れなくても良いという結果になりました。……ちょっと残念ですね。

「★7南国鳥人」の記事でも述べたのですが、やはり属性変化だけでなく、そこから更に攻撃力を倍化するような内容がないと、威力面では劣ってしまうと考えられます。

「夏祭りケルビィ」にまだ残されている可能性としては、スキル発動数が少ない点です。しかし、今の所「夏祭りケルビィ」のスキル発動ぷよ数に合わせられるようなカードがありません。今後の展開次第では……と淡く期待してみます。。

最後に

私はカード能力とかあまり考えずに、★7に育てました。かわいいですよ。

 

*1:デメリットとしては、デッキ内に必ず敵の有利属性のカードが存在することなんですが……一旦、そこは抜きにして考えてみたいと思います。