kaya[grv]’s diary - ぷよクエ攻略ヒント集

ぷよクエの話題を書いていくブログ

「癒しの天使ガールズ」シリーズ、デッキ考察と今後のリリースについて予想してみた【ぷよクエ】

現在、毎月のペースでぷよフェス「癒しの天使ガールズ」がリリースされています。カードのもつリーダースキル効果や発動できるスキルの内容は、どれも同じになりそうです。色違いが出るたびに毎回コピペ記事を起こしたくないので、今回の記事で「癒しの天使ガールズ」のデッキ構築方法をある程度述べてしまおうと思います。あと、今後の「癒しの天使ガールズ」がどのようにリリースされていくのかも予想を述べてみました。

 

※初版:2020/08/06、訂正:2020/08/07

 

f:id:dstin8ion:20200806193942p:plain

癒しの天使ガールズ pickup

※以下、2020年8月6日現在での話です。それ以降の変化点は、各自で補完いただきたいです。

前段

「癒しの天使ガールズ」シリーズのリーダースキル効果および発動スキルの内容は、”かいふくタイプ”を対象としたものになっています。ダメージ試算に関しては、先日の記事内でかいふくタイプが揃っているととても強いということが判っているため、今回の記事では割愛します。

そもそも、かいふくタイプで与ダメージを倍化できる効果を持つカードはとても少ないです。そのため、ぷよクエを始めたばかりのユーザーが「癒しの天使ガールズ」でデッキを構築するのはかなりキツく、初心者~中級者では活かしきれないカードになりそうです。

デッキ構築考察

リーダー及びサポーターの候補

リーダーもしくはサポーターに設定できるカードも限られます。ぷよクエでは、ぷよフェスや蒸気都市シリーズをリーダーorサポーターに選択することがほとんどです。かいふくタイプという縛りの中、候補として挙がるのは以下のカードです👇

  • 赤属性:チャーミードラコ、うららかなジュリア
  • 青属性: ※該当なし
  • 緑属性:スノヒメ
  • 黄属性:蒸気都市のアリィ
  • 紫属性:蒸気都市のフェーリ、まばゆいヤナ、キングオブさかな王子

上記に「癒しの天使ガールズ」シリーズ各色が加わると思われます*1。この後のスキルの組合せの節で述べていきますが、かいふくタイプだけでデッキを組もうとすると、単色で組めるほどカードの種類は多く存在しないため、多色で組まざるを得ません…。多色デッキ構築に向いているのは、「蒸気都市のフェーリ」となります。

……考え方は他にもあるかもしれませんが、今回は「蒸気都市のフェーリ」✕「癒しの天使ガールズ」シリーズでのデッキ構築にて話を進めさせていただきます。

スキルの組合せ方

「癒しの天使ガールズ」シリーズを起用すると、通常のなぞり消しによる攻撃が前提となります。通常のなぞり消しで大ダメージを狙うには、同時に消えるぷよの数を多くし、分離消しの数を増やすことになります*2。そのために必要なスキルは、下記があります。

 

他に組合せたいスキルは、下記になります。

※リンク先は、当ブログ内のスキル一覧のページです。

 

「蒸気都市のフェーリ」を起用すると、デッキは5属性揃えることがほぼ必須条件となり、色合わせスキルの組合せを考えながらかいふくタイプのみでデッキ構築することになります。

AD
 

デッキを構築してみた

デッキに組み込めそうなカードの候補も載せてみます。選択肢が本当に少ない……。

f:id:dstin8ion:20200807101045p:plain

この中で一番厄介なのは、スキル:盾破壊を持つカードが青属性のムシュトのみである点です。盾破壊・青属性としてムシュトで枠が一つ埋まります。

次に難しいのは、緑属性のカードです*3。緑属性は、「スノヒメ」「オトモ王子(魚)」の2択になってしまいます。赤属性に関しても「アザウィア」「うららかなジュリア」の2択です。「うららかなジュリア」はつい最近リリースされたばかりでまだ再販等は無く、持っていなかった場合はかろうじて「アザウィア」を選択できます*4

現時点でリリースされているカードを使って、各色のデッキを構築してみました👇

f:id:dstin8ion:20200807095627p:plain

※2020/08/07 訂正させていただきました。

また、攻撃回復逆転ステージに対応するためには、攻撃力倍化のカードを回復力倍化のカードに置き換える必要があります。これもかなり厄介で、多色デッキで採用できそうな回復力倍化のカードは、紫属性の「サビク」のみです。「サビク」を使いたいところですが、現状では青属性・黄属性・紫属性で噛み合ったデッキを組むことができません。

f:id:dstin8ion:20200807102912p:plain

2020年8月6日現在、赤属性と緑属性は組めそうですが……。

今後の癒しの天使ガールズを予想

2020年8月現在、かいふくタイプで多色デッキを構築しようとすると、スキル:盾破壊の枠や赤属性と緑属性の枠がとても厳しい状況です。ただ、今後の「癒しの天使ガールズ」リリースにおいて、これらの枠が放置されることはありえないと考えます。緑属性「癒しの天使ロコ」がリリースされた同時期に、赤属性でスキル:ワイルド化持ちの「うららかなジュリア」がリリースされるような動きがあると予想しています。

AD
 

最後に

「癒しの天使ガールズ」を入手するか否かは、自身のカードBOXにあるカード状況と相談することになります。今は組めなくても、今後のかいふくタイプのリリース次第で何とかなる部分もあるかもしれません。

 

 

*1:この記事を書いている時点では、赤と緑のみリリースされた状態ですので、”思われます”という表現とさせていただきます。

*2:連鎖数を増やすのは二の次です。

*3:訂正前の文章:緑属性の候補となるカードは、「癒しの天使ロコ」「スノヒメ」がいますオトモ王子(魚)を含めていないのは、別注釈参照。。

緑属性で「スノヒメ」を選択せざるをえないと、次に困りそうなのが赤属性です。赤属性のカードは、「うららかなジュリア」「アザウィア」「フローレ ver. エリカ」が挙げられます。既にワイルド化の枠が埋まってしまっているため、「フローレ ver. エリカ」を選ばざるをえません((ネガティブな文ですが、「フローレ ver. エリカ」は攻撃力と回復力の両方を倍加できるため、今回のデッキ構築において相性が良いです。問題は、その入手困難さです。あと、倍化率は少し下がりますが、医者シリーズの「リタ」や夢の配達人シリーズの「ゼノン」あたりを組み込むことになりそうですが、★6止まりゆえのステータスの低さがネックになりそうです……。

*4:最近、まぜまぜ召喚のラインナップにも追加されましたので、入手機会はゼロではありません。一応。