kaya[grv]’s diary - ぷよクエ攻略ヒント集

ぷよクエの話題を書いていくブログ

条件付きエンハンス:リーダースキル効果とスキルは重複できる【Tips】【ぷよクエ】

条件付きエンハンスは、ぷよを消した結果…例えば、同時に消した数や連鎖数などの条件を満たしたときに攻撃力を倍化します。条件付きエンハンスは、リーダースキル効果とスキルの両方で存在しているのですが、リーダースキル効果側とスキル側で重ね掛けできるかどうかを今回の記事で確かめていきます。

条件付きエンハンスのスキルを持つカードは下記ページにて纏めています。👇

kayagrv.com

準備 Ph.

使用したリーダースキル効果

リーダーに「レガムント」を起用しました。「レガムント」は、3連鎖以上を達成すると、攻撃力を2.0倍にできます。

f:id:dstin8ion:20201009103224p:plain

https://puyopuyoquest.sega-net.com/news/190718_70404.html

基礎攻撃力…ぷよを4個消したときのダメージ値を確認

まず、ぷよを4個消したときのダメージ(:当ブログでは「基礎攻撃力」と勝手に呼称)を確認します。「基礎攻撃力」とぷよの消し方によって発生する倍率を掛け算するとダメージ値が求められます。

f:id:dstin8ion:20201009095259p:plain

赤ぷよ、青ぷよ、緑ぷよをそれぞれ4個消してみた。

今回の「基礎攻撃力」は下記のとおりでした。

  • 赤:キキーモラ 4518
  • 青:セリリ 4139
  • 緑:リデル 9593

このときは連鎖が発生していないので、「レガムント」のリーダースキル効果による条件付きエンハンスは発動していません。

使用したスキル

今回は、以下の2つのスキルを使いました。

f:id:dstin8ion:20201009095540p:plain

ワイルド化と条件付き攻撃力倍化。

使用した条件付きエンハンスは、「蒸気都市のドラコ」のスキルです。緑属性の攻撃が含まれていた場合、緑属性の攻撃力を倍化します。今回のデッキでは、「リデル」「蒸気都市のドラコ」が倍化の対象になります。

また、ワイルド化のスキルも使用しています。ワイルド化はどの色ぷよを消してもダメージ計算の対象になり、今回の計算やエンハンスの条件を満たすのが簡単になるためです。

検証で使用する内容…ぷよの消え方と最終ダメージ値を確認

今回の検証でぷよの消え方は下記になります。何連鎖目にぷよがいくつ消えたのかと「最終ダメージ値」を確認します。

f:id:dstin8ion:20201009161747p:plain

1連鎖目:4個のみ、2連鎖:6個のみ。

チャンスぷよを消したので、だいれんさチャンス発生。

f:id:dstin8ion:20201009100724p:plain

左:最終的に2+6連鎖、右:最終ダメージ値。

上記の2+6連鎖による「最終ダメージ値」は、以下のとおりでした。

  • 赤:キキーモラ 122,172
  • 青:セリリ 111,920
  • 緑:リデル 907,913

以上で、検証に必要な数値が揃いましたので、次章で確認していきます。

AD
 

検証 Ph.

ぷよ消しによる倍率を確認

2+6連鎖によって得られる倍率を求めます。連鎖倍率👇も考慮する必要があります。

f:id:dstin8ion:20200204205310p:plain

まずは、通常のなぞり消しで得られた倍率を確認します。ぷよの消し方は、1連鎖目:4個、2連鎖目:6個でした。

  • 1連鎖目:1.00 ✕ {1 + (4-4) ✕ 0.15 } ✕ 1 = 1.00
  • 2連鎖目:1.40 ✕ {1 + (6-4) ✕ 0.15 } ✕ 1 = 1.82

このときに得られる倍率は、合算して2.82倍となります。

次に、だいれんさチャンスで得られた倍率を確認します。今回は、6連鎖のタネで、すべて4個消しでした。

  • 1連鎖目:1.00 ✕ {1 + (4-4) ✕ 0.15 } ✕ 1 = 1.00
  • 2連鎖目:1.40 ✕ {1 + (4-4) ✕ 0.15 } ✕ 1 = 1.40
  • 3連鎖目:1.70 ✕ {1 + (4-4) ✕ 0.15 } ✕ 1 = 1.70
  • 4連鎖目:2.00 ✕ {1 + (4-4) ✕ 0.15 } ✕ 1 = 2.00
  • 5連鎖目:2.20 ✕ {1 + (4-4) ✕ 0.15 } ✕ 1 = 2.20
  • 6連鎖目:2.40 ✕ {1 + (4-4) ✕ 0.15 } ✕ 1 = 2.40

このときに得られる倍率は、合算して10.70倍となります。

以上より、2+6連鎖によって得られる倍率は、2.8210.7013.52倍になります。

条件付きエンハンスによる倍率が得られているか確認

最初に確認した「基礎攻撃力」に、ぷよ消しによる倍率と条件付きエンハンスの倍率を掛け算して「最終ダメージ値」が求められるかを確認します。

ぷよ消しによって得られた倍率は 13.52倍でしたが、そこから更にリーダースキル効果で 2.0倍、スキルで緑属性のカードはまた更に3.5倍が得られるはずです。

まずは、デッキ内の赤属性のカード「キキーモラ」の数値を確認します。

  • 基礎攻撃力:4,518
  • 最終ダメージ値:122,172

「基礎攻撃力」へ各倍率を掛け算すると、4518 ✕ 13.52 ✕ 2.0 ≒ 122,166 となりました。「基礎攻撃力」で切り捨てられた小数値の影響で微妙に一致していませんが、最終ダメージ値:122,172 の近似値となりました。ゆえに、「レガムント」による倍率のみ掛かっていることが分かりました。

次に、デッキ内の緑属性のカード「リデル」の数値を確認します。

  • 基礎攻撃力:9,593
  • 最終ダメージ値:907,913

「基礎攻撃力」へ各倍率を掛け算すると、9593 ✕ 13.52 ✕ 2.03.5 ≒ 907,881 となり、最終ダメージ値:907,913 の近似値となりました。ゆえに、「レガムント」と「蒸気都市のドラコ」による倍率が両方ともに掛かっていることが分かりました。

 

以上より、条件付きエンハンスはリーダースキル効果側とスキル側の両方を重ね掛けできることが分かりました。